ともえ
ともえ
データドリブンマーケティングって?と疑問に思っていたので、自分のためにまとめてみます!

データドリブンマーケティングとは?

様々なマーケティング手法の中で、データ活用に重点をおいたマーケティング手法です。

重要なのは、データをいかに見える形にするかという点が重要です。

データ分析による効果測定とセットでおこなって初めて意味が出て来る手法となります。

いわゆるビッグデータを効果的に利用することで、費用対効果の高いアクションを策定し、売上拡大と利益率の改善に繋がる。

顧客行動が複雑化。それにより企業も個人もWEBとリアルを複雑に行き来して購買に進む。

「集客」→「見込み客化」→「顧客化」→「顧客維持・ファン化」というフェーズがあり無数の選択肢となる。

こういったビッグデータを活用したデータドリブンを実行していくために「データサイエンティスト」や「アナリスト」「データアーティスト」という、データ分析やデータ活用、マーケティングに強い人材が求められている。

データドリブンのステップ

ステップ①:データ収集

まずはデータドリブンを行うためにはまずはデータ収集する仕組みが必要。データ自体がないのであれば、POSシステムの導入や顧客管理システム(CRM)の導入の検討。

また最近よく見るのはサイト訪問をした時に「cookie(クッキー)の受け入れを許可しますか?」という表示。

これによってサイト運営者側は訪問者の訪問データを取得できるようになっています。

ステップ②:データの可視化

データを可視化をする仕組みが必要。データが手元にあるだけだと、データ加工に膨大な時間を取られるため。

ステップ③:分析・アクションプランの検討

データを活用した分析とアクションプランの策定は、スキルと経験を持った人が行う必要があります。データから何かを導き出したり、判断したりする作業は、まだまだAIでも困難とのことです。

ステップ④:アクションプランに実行

費用をかけずに実行できるものもあれば、広告のように大きな費用が必要なものもあります。

データドリブンに活用できるツール

DMP(データマネジメントプラットフォーム)

「データマネジメントプラットフォーム」の略。インターネット上の様々なサーバーに蓄積されるビッグデータや自社サイト上のログデータなどを一元管理、分析、最終的に広告配信などのアクションプランの最適化を実現するプラットフォーム。

MA(マーケティングオートメーション)

「マーケティングオートメーション」の略。マーケティングの作業およびワークフロイーを合理化・自動化・測定してくれるソフトウエアのこと。マーケティング領域の様々な分析機能およびマーケティングアクションを自動化する機能を持っている。

WEB解析ツール

自社サイトのユーザー行動や検索エンジンの結果を可視化・分析するためのツール。PV(ページビュー)やUU(ユニークユーザー数)、セッション数、インプレッション数(表示回数)、CTR(クリックスルー率)、Bounce Rate(直帰率)などを可視化してくれる。

Google AnalyticsやAdobeアナリティクスなどの製品がメジャー。

CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)

「カスタマーリレーションシップマネジメント」の略。個人名の特定ができる顧客の基本情報や購買履歴、クレームなど顧客に紐付く様々な情報を管理するソフトウエアのこと。顧客のセグメントやセグメント別の購入単価、ポイントの使用率など顧客分析に必要な気のを保有している。

 

ともえ
ともえ
知識のインプットとアウトプット!

 

それではまた!