ともえ
ともえ
デジタルマーケティングで話題になりやすい、プログラマティック広告についてまとめたよ〜

 

プログラマティック広告

「あらかじめ決められた条件に従って=プログラマティック」に買い付けを行うことから、プログラマティック広告と呼ばれている。
運用型広告とほぼイコールと考えて良い。

その他の広告形式の知識にも触れながら考察したいと思う。

従来のディスプレイ広告では広告枠を事前に販売し、「購入した広告主のバナー広告が契約期間中にずっと掲載される。」という形式のため

「一方向、一対多」の広告となり、ユーザーの動きは関係なく広告主と媒体主の契約で広告掲載が決める。

その次に登場したのが、「アドネットワーク」
アドネットワークは「数多のメディア広告枠を、主体となる事業者が買い付け、そのメディアを横断して各広告主にバラ売りする仕組み」のこと。

アドネットワーク事業者が数多の広告枠を一括で仕入れることで取引コストを下げて、広告主の購入の手間を削減するということが、アドネットワークの価値となります。

パッと聞くと、従来型のディスプレイ広告と大きく変わる気がするのですが、実際の違いは「掲載先の媒体が1つに限らない」という点がディスプレイ広告との大きな違いとなります。

広告主からしたら各媒体を買い付ける手間は大きく削減されるものの、媒体主側から見ると旨味が無いそうだ。(どうせPVが大きいサイトや、大手サイトの枠が売れるんだろ。etc)

そこから進化して、アドネットワークを介して広告を配信する際にcookieを介して、そのユーザーがそれまでにどのようなページを閲覧しているかがわかります。つまり、そのユーザーの興味関心がわかります。これを「オーディエンスデータ」と言います。

その後、余剰広告枠も市場に流してお金に変えたいという要望があり、リアルタイムのオークションシステムによる取引が進んでいきました。(これがプログラマティック広告と言われるとのです。)

こうするとWEBサイトという「場所(枠)」へ広告を出すという思考から、「人」に出すという思考へ変化してきました。

このオークションシステムのプラットフォームでは、広告配信を実現するためのデータとして、広告枠のページ情報とユーザーIDのセットで記録しています。(個人情報とはリンクしないようになっている。)

このオーディエンスデータによって「枠」への広告出稿から、「人」への広告出稿を可能としています。

アドレッサブルTV(インターネットテレビ端末)

その中でもテレビ広告をデジタル化の方向へ向かっています。

今のようなWEB広告のテレビ版といったイメージで、地域や属性ごとに広告を出し分け可能となります。

今までのテレビCMのような、多くの人にリーチするという目的ではなく、テレビでも特定の人への広告の出し分けができるということになります。

 

ともえ
ともえ
今日はここまで!

それではまた!