はい!

なぜこのテーマにしたかと言うと、

ともえ
ともえ
友達に「知りたい!」と言われました(笑

こういうテーマで考察するのも楽しいかなと思ったので、まとめました。

この記事での定義

タイトルには「脈あり女性の見分け方」と書きましたが、そもそも同性でも完璧に見分けるのは難しいです。

そのため、女性が異性を見る場合に「無しじゃない」範囲に入っておくことが大事!

まずはファーストステップとして「無しじゃない」の見分け方を書いておこうと思います。

 

前提として

時と場合によって違う

「無しじゃない」の見分け方を書きますが、人によっても違うし、その時の気分によっても違うし、相手との距離感によっても1つ1つの行動の意味の捉え方は異なります。

なので決定的な回答はなく、「こういう傾向がある」という風に認識してもらえると良いかなと。

正解があれば楽チンなのですが、世の中そうも行かないみたいです。

ちょっとした心の動きが行動に現れる

これは良く言われることですが、20代の時は私自身はあまり信じていなかったのです。自分の行動は上手く誤魔化せている気がしてたので。笑

「顔がこわばる」「目線がおよぐ」「体温が上がる」など、一瞬のサインの場合も多いですが、体の方が気持ちに対して正直に反応してくれるものです。

筋肉を動かしているのは脳からの電気信号なので、それは完全に自分が理性で制御できるものではなく、どうしても無意識に動いてしまう部分があるということ。

また上手く抑えているつもりでも気を抜いた時に自然に行動に出ていたりするものです。(隠せているつもり、ということ笑)

私はこのドラマが好きです。ここまで分かりやすく表に出ることは少ないと思いますが、すごくわかりやすいやり取りで面白い。

具体的な行動6つ

髪や顔を触る

心理学的には「不安や緊張」をしている時に現れやすい行動です。

特に口元を触る場合は、自分の感情をあまり知られたくなかったり恥ずかしいというような心理が働いています。

頰を触るという場合も、感情を相手に悟られたく無い・隠したいというような場合が多いとされています。

また髪の毛を触る、という行動は男女ともに「緊張している」という心理状態を表す事が多いです。

また女性が自身の髪の毛を優しく触る場合は「誰かに甘えたい」という心理の現れである場合があります。

2人での飲みがOK

あなたが2人で飲みに行こうという提案をして、よっぽど嫌な人であれば、2人で飲みに行くことを避ける傾向にあります。

「それなら皆を誘って飲みに行こうよ」とか上手く交わす女子がほとんどかと思います。

2人で飲み行くのがOKということは、「2人になるのが嫌ではない」と捉えることができます。

ただし、2人で飲みに行くのがOKだからといって、「あなたの事が好き」と言う訳では無いです。「無しではない」ということ♪( ´θ`)

特にこれが「仕事上の関わりがある人」であれば、これに当てはまらない場合も多いかと。(仕事が絡むと、他のことの利害関係を恐れて断らない場合も多いと考えられるため。)

ボディタッチがある

女性の場合は太鼓の昔から肌に触れ合うコミュニケーションを重要にして来ました。(赤ちゃんを育てる、という歴史があるため。)

そのため人に肌に触れるということをコミュニケーションの一種と捉えています。

そのため、女性から女性、女性から男性に対してボディタッチがある、ということはあなたとコミュニケーションしたいと思っている証拠です。

=無しじゃないということになります。

かと言って、「いける!」とう早とちりするのも危険ですのでご注意を。

何も無い時にお誘いがある

特に何も予定していないタイミングで「飲みに行こうよ」「ご飯でも行かない?」とお誘いがある場合。

単純に信頼関係ができている状態で周りからも仲良いよね、と思われている状態です。

リスケがある

「仕事が忙しくてどうしても行けなくなっちゃって」「どうしても都合がわるくなってしまって」

と予定がキャンセルになってしまう場合もありますよね。

キャンセルになった場合、その次の行動を見る必要があります。

あなたとの関係性を次に繋げたいと思っている場合、次のスケジュールの提案があるはずです。

「今回キャンセルしちゃってごめんね。次行くならいつが都合良い?」ってな感じで。

目を見て話す時間が長い

目をしっかり見て話すということは、あなたと関係性をしっかりと作りたいと考えている証拠です。

目を見て話すのが苦手な人もいますので、これは人によって大きく変わる部分かなと思います。

 

最後に

ともえ
ともえ
まずは無しじゃない!というところからが第1歩♪( ´θ`)

それではまた!