コミュ力

日本人は褒めることが苦手らしい。

 

ともえ
日本人は褒めることが苦手らしい・・・
確かに、私も学生時代は苦手だったな・・・
社会人になってから克服したい!
という人向けの記事です。

 

この記事を読むことで
「褒める時の心の持ち方」
がわかります。
 
日本人は全体を見て「褒めることが苦手」と言われます。
2018年2月に内閣府が子を持つ親にアンケートを取ったところ
6割の親が「叱る」より「褒める」方が難しいと答えたそうです。
 
私が小学生、中学生の時を思い出したのですが、
国語のテストで80点を取った時
80点取った、頑張った!」ではなく
100点にあと20点足りなかった。この20点分の努力ができなかったのか。
と戒めることが多かった気がします。
 

なぜ謙遜するのか?

 
褒められると「いえいえそんなことないですよ
というのが決まり文句みたいになっていませんか?
日本は「恥の文化」「謙遜の文化」が確かに存在するとは思います。
 
けれどそれ以上に
人を信用していない/壁を作っている人多いのではないでしょうか?
 
「褒められたけど、これはお世辞なのでは?」
「お世辞にぬか喜びすると恥ずかしい・・・」
 
これは自分の普段の行動が、
相手にも投影されているだけなんです。
人は自分の普段の行動がから「相手もこうなんじゃないか?」と推測します。
 
つまり、普段の自分がお世辞で褒めていたり、
思ってもいないことで人を褒めているから
相手から褒められた時に
「これはお世辞なのでは?」
と感じてしまうのです。
 

 

褒めるのは気軽に。習慣にすれば良い!

ということは、
自分が褒める習慣を作ってしまえば、
それだけで褒め上手になれるし、他の人からの言葉もスっと受け取れるようになります。
 
私は学生時代、もっぱら女子トークが苦手でした。
なぜなら、
「その服かわいいじゃん」
「今日の髪型いいね」
「バック新しく買った?」
など他愛もない会話が苦手だったからです(笑
 
今振り返ると、
何ともコミュニケーション能力低め。
 
というか
会話に自信がない上に
変なプライドが邪魔をしていました。
「思ってもいないことを口にできない。」
「みんなと同じこと言ってもしょーもない。」
って。
 
それに加えて、
人を褒めること自体に恥ずかしさがあったのです。
(ここが結構大きいです。)
 
褒めることで偽善者だと思われないか?
ゴマをすっているように見えるのではないか?
ということを気にしていました。
 
それを克服したのはだいぶ後になって、
社会人になってからなのですが
 
今考えると
「考えすぎ」だし
「そんな細かいところまで相手は気にしていない」
ということに早く気が付いた方が良かったです(笑
 
それどころか
褒める方が相手のとの距離も近くなるし
場の空気もよくなるし、一石二鳥です。
 

褒めるコツ

褒めるコツは

  • 習慣にすること。1人につき1褒め。
  • 自分の思っていることを言うこと

この2つです。
 
人と会う時は1つで良いから早いタイミングで褒めるようにしています。
「あれ?髪型変えた?」
「今日は一段と元気だね!」
など何でも良いです。
それだけで、その日1日のコミュニケーションが取りやすくなります。
 
あとは「自分が感じたこと、思ったことを伝える」のが重要。
思ってもいないこと、お世辞を言うから褒めることが億劫になるし嘘くさくなるのです。
「髪型変えた?」もそう思っているから伝えるし
「今日は一段と元気!」もそう感じたから伝えるだけのこと。
相手に対して感じた、プラス/ポジティンブな点を口にして伝えるだけで良いです。
(自分の感じたことでも、マイナスな点に関してはあえて伝えません。)
 

まとめ

 
褒め上手になるためのポイントは

  1. 1人に1褒め。はじめは1日1褒めでも良い。
  2. 思っていることを口にする。

 
ぜひ実践してみてください。
 

 

↓他にもスキルアップしたい方向けの記事↓

人間力を磨く!社会人の学び

 

↓更にコミュニケーションについて↓

 

★★★今日も、コミュ力の達人を目指して★★★

 


 

 

-コミュ力

© 2020 コミュ力の達人 Powered by AFFINGER5