コミュ力 恋活・婚活

【女の本音】オンリーワンであること重視する【男女の違い】

 

Tomoe
この記事を読むことで
女の本音・女性が大事にしているもの
が少しはわかるかも!

 

▼この記事を書いている人▼

プロフィール概略
男女の感覚って驚くほど違うことがあります。

それは天と地ほどの差!

"男性の普通"と"女性の普通"に差がありすぎて、分かり合えないのはよくあること。

「もっと相手の気持ちを理解できれば、このモヤモヤが晴れるのに。」

「あの女性のことをもっと理解できたら。」

と思うことってありませんか?

完全に理解することは難しいけれど

男性が女性を理解するためのポイントや傾向をまとめました。

少しでもモヤモヤが軽減されますように!
 

理解のポイント

その①:女はオンリーワンになりたい。

  • 女はオンリーワンでありたい。
  • 男はナンバーワンでありたい。

これは、世の中でも良く耳にするし、コミュニケーションに関する本でも良く触れられています。

では、これってどういうことなんでしょう?

 

女性の本能的な判断軸は自分が安全に生きられるかどうか?にあります。

「自分を大事にしてくれる相手か?」

がイコール

「自分が安全に生きられる環境か?」

に直結します。

そのため女性が本能的に大事に感じるのは「安心感」です。

なので、自分を好きでいてくれる異性のことが好きだし、

特別扱いされることが重要になるんです。

 

女性に刺さるセリフ

  • 僕にとってあなたは特別な存在
  • あなたしかいない

など「あなただけ特別」「限定」という言葉が大好きです。

 

男性が縦社会の中で生きて

社会全体を平等に考える傾向なのとは反対に

女性は公平ではないこと(自分があの人にとっての特別)に「意味」や「価値」をあると感じます。

そう感じる脳の作りになっているんです。

特別扱いされる=自分に価値がある。という感覚です。

その②:「共感」がテーマ

男性が「縦社会」なことに対し、

女性は「横社会」で生きていることは

男女の感覚の違いを生む原因になります。

 

共感をすることは

「あなたを受け入れていますよ〜」

「安心してくださいね〜」

とわかりやすく示す態度なのでとても重要です。

 

さらに女性にとって
共感が重要かつ不可欠な理由とは・・・

2つの理由

  1. 女性脳は、感情を起点に経験を知識にすることができる。
  2. 共感によって余計なストレスを解消しているから。

 

 

女性の脳は感情を起点に経験を知識にすることができる

女性の脳は自分の感じる感情を起点にして、経験を知識に変える脳の回路になっています。

(おばあちゃんの知恵袋的なあれです。)

出来事と感情がセットで記憶されています。

なので、共感を得られる=目の前の人は私を守ってくれる

という安心感が働いて、

自分の感情を客観的に見やすくなります。

そして、その感情の回路のおかげで

自分の知識・経験として脳に保存しやすくなるんです。

 

共感によってストレス解消をしている。

女性は自分の感情を消化・解消したい時に、共感してもらえることが重要なんです。

そのために言葉にしてアウトプットしています。

そして、言葉にした事に共感さえしてもらえればスッキリして前に進める生き物。

例えば「怖い」「楽しい」「カワイイ」「うれしい」など感情の起伏が激しくなった時

その感情を具体的に言葉に出して、外に出す事で自分のストレスを落ち着かせています。

 

特に女性の脳は「怖い」「つらい」「危ない」などの負の感情を伴う時、

ストレスの感じ方が強くなります。

そのストレスは男性脳の何十倍も強く、何百倍も長く残るそうです。

けれど「怖かったよね」「辛かったよね」など誰かに共感してもらうことで

その強いストレスが沈静化するようにできています。

(「カワイイ」「美味しい」などのポジティブな感情でも同様のことが起きます。)

 

人間の脳は、感情が強く動いた(脳が強く反応した)ことは、

「体験として脳に残してしておく必要がある!」

と判断しています。

次回、同じような場面に出会った際

二度と同じような危険な状態に追い込まれないための防御策です。

 

逆にポジティンブな感情を味わうことも自分が生きていくための利益になる=記憶しておくべき情報で、女性の記憶に残りやすくなります。

 

女性がお茶しながらおしゃべりする時間は、決して無駄話をしている訳でなく、

会話の中で様々な情報交換をして、

自分の知識として蓄えておくための大事な行為。

 

その③:初めから答えが決まっている訳ではなく、話しながら答えをまとめている

「女性のおしゃべりって経緯がダラダラ長くい」

「、、、で結論は?」

って思う男性が多いと聞きます。

このギャップは、物事を考えるプロセスが男女で異なることが原因です。
 
女性は、おしゃべりの中で五感をフルに使って、その時に起きた出来事と感情を再体験(追体験)しています。

その中で、改めて出来事を再確認すると、結論が導き出せるようになっています。

通常の脳の動きでは「プロセス重視」をする脳なんです。
 
「結論が決まっているなら、結論から話してよ!」

「話す時から結論が決まっているんでしょ!だったら聞かないでよ。」

って思わないで欲しい!笑

だって、話し始める時は本当に結論が決まってないですから。

 

出来事の始まりから時系列を辿り、語り、話をする中で情報の整理が出来ていきます。

そこで共感してもらいながら話を聞いてもらえたら、いい感じに情報の整理ができて、

話し終える頃には結論が出来上がっています。

そうして、共感しながら話を聞いてくれた、思う存分に話しをさえてくれた

そんなあなたの態度に大きな好感を持ってくれます。

 
きっと男性目線で見ると不思議な行動なんでしょうね笑

 

あとは経験を積む!

 
ここまでの内容で、女性の思考の順序が少し見えてきたんじゃないかな。

あとはこの知識を持って女性との会話に花を咲かせて欲しいなと思います。

実際に会話をしながら経験を積むのは大事ですからね!

今気になっている人に対して実践してみるのもよし。新しい出会いを求めに行くのもよし╰(*´︶`*)╯♡

 

実践するならこういう場所もオススメ

▼出会いを求めている人にはこんなパーティーもありです▼

 

 

 

もちろんこういった情報には個人差があることを忘れてはいけません。

あくまでも「目の前の人がどうなのか?」という目線で考えることが大切。

ですが、こういう知識を知って使いこなすことができれば

さらに充実した人間関係にできることは間違いないです。

コミュニケーションを楽しみましょう\\\\٩( 'ω' )و ////
 

こちらもチェック⭐︎

-コミュ力, 恋活・婚活

© 2021 コミュ力の達人 Powered by AFFINGER5